価値観

もういくつ寝ると~ウエイクアップ・アワード授賞式!~

こんにちは!
ウエイクアップの西井多栄子です。

いつもは、コーチとして1on1でお話を
聴かせていただくことが多く、
どんなお話や事象も、守秘義務のもと
一切他言することなどない私ですが、
今回、口がうっかり開きそうなほど素晴らしい、
そしてリアルな事例を
お伝えできるチャンスが来ました!笑

そうです!
年に1回のウエイクアップ・アワードの授賞式まで、
あと4日になりました。笑笑

授賞式では、受賞者の皆さまの活動を、
受賞者ご自身で想いとともに語っていただき、
貴重なお話を観覧者の皆さまにも聴いていただけるのですが、
ここは、声を大にして言いたい!

本当に、お一人おひとりの受賞者の方々の姿が尊いのです!

続きを読む

コーチングやリーダーシップの智慧の活かし方

ウエイクアップ・E&Iの岡本直子です。

コーチングやリーダーシップの智慧を、
職場や日常でどのように活かすか?
ウエイクアップ・アワード授賞式は、
そのリアルな好例を、臨場感と共に
知っていただける機会でもあります。

授賞式では、受賞者の皆さまの活動を
ご紹介するとともに、受賞者ご自身から、
受賞までの道のり、活動を推進するにあたって、
どんな困難を克服されたか、などの
貴重なお話を発表いただきます。
さらに、幸福学の見地から、慶應義塾大学大学院教授
前野隆司先生、前野マドカさんご夫妻より、
それぞれの活動に対してのコメントも頂戴します。

各受賞者がどのようにコーチングや
リーダーシップの智慧を活かし、
幸せな今と未来を築く活動を展開されているか、
観覧者の皆さまにも良き刺激やご参考に
なることと思います。

続きを読む

ウエイクアップ・アワード2020-21受賞者、決定!

ウエイクアップ・アワード実行委員会の久慈洋子です。

今年度 第6回ウエイクアップ・アワード2020-21の
受賞者が決定いたしました!

この賞は、ウエイクアップのミッションを具現化する
活動に取り組まれた個人、もしくは組織に敬意を表し、
それを広く周知するための賞です。

ウエイクアップのミッション
「意識の進化を呼び覚まし、
人やシステムが本来持っている可能性が拓かれた
幸せな今と未来を創ります」

今回で、この賞も、第6回を迎えることができました。
皆さまのご推薦、ご応募、まことにありがとうございました。

今年度の受賞者は、以下の6組の方々です。
今回は特に、この大変な状況の中でも、その歩みを止めず、
ご自分たちの持ち場で、「幸せな今と未来」を創るために、
チャレンジし続けてこられたお取組みに、心からの拍手を
お贈りしたいと思います。

続きを読む

アタマの理解とカラダの感覚

こんにちは
ウエイクアップの島村仗志です。

先週、大きな地震がありましたね。
直接或いは間接に被害や影響を受けられた方々に、
心からのお見舞いを申し上げます。

あの地震の瞬間、本棚が倒れてこないよう、
人一倍硬いカラダを精一杯伸ばしながら、
ふと、あることを観じていました。

あー、ここでもっと強い揺れに見舞われたら、
自分の命はもちろんのこと、日頃から大切だと想って
いることなど、全てひとたまりもなく
崩れていくなあ、という、リアルな感覚です。

続きを読む

あなたが創りたい世界は?

ウエイクアップ・SDGsプロジェクトの
三升谷真秀です。

昨年の話になりますが
SDGsのプロジェクトで、
廃棄物リサイクル業界のイノベーター
石坂産業さんを訪問しました。
https://ishizaka-group.co.jp/

石坂産業さんは、建築で使う
産業廃棄物の選別を行い、
リサイクル率98%という
物凄い実績を持っています。
そして、目指すはリサイクル率100%とのこと。

しかし22年前は、工場がある所沢の野菜が
ダイオキシンに汚染されているという誤った報道から
住民から立ち退きを迫られた苦しい時代も
あったそうです。

続きを読む

オフィス移転のご挨拶 ~自分と共鳴する視点の選択~

こんにちは
ウエイクアップの島村仗志です。
今日は2月3日、2021年の立春です。
また1つ、季節が廻りましたね。
(立春が2月3日になるのは、なんと124年ぶりのことだそうです。)

さて、私たち株式会社ウエイクアップは、新しい拠点に移転します。
新住所の詳細は本メールの末尾に記載しますが、
JRの最寄り駅は五反田駅になります。
あくまでも今回のコロナ禍が落ち着いてから、
ということになってしまいますが、
お近くにお越しの際は、ぜひ気軽にお立ち寄りください。

続きを読む

なりたい自分と、これならできそうな自分

ウエイクアップの平田淳二です。

私は京葉線の新浦安という街に住んでいるのですが、
その街に明海大学のキャンパスがあります。

「なりたい自分大学」
https://www.meikai.ac.jp/

というキャッチフレーズを京葉線の至るところで
見ることができます。

正直、いいキャッチフレーズだなと思い、
今回このキャッチフレーズを題材に、
18歳の高校生向けではなく、いい大人向けに、
なりたい自分コーチングとして
メルマガを書こうと思いました。

続きを読む

共通テスト時代のコーチング

ウエイクアップの平田淳二です。

1月16日、17日は、大学入試共通テストがあり、
先週は共通テストリサーチと呼ばれる、
自己採点を大手予備校のシステムに登録して
判定の結果を見て、志望校を決めたりする作業で、
我が家はなかなかてんやわんやでした。

今回の共通テストは今までのセンター試験と大幅に変わり、
思考力・判断力を問う内容が増えてきました。

大きな変化の特徴は英語のリスニングがリーディングと同じ
100点換算になり、リスニングの比重が大幅に増えたことです。

続きを読む

意識の進化✖ダンス

宇宙視点からの意識の進化プロジェクトの伊藤貴子です。

毎月配信している「意識の進化×○○」動画ですが、
1月は「意識の進化×ダンス」です。

ダンスは遥か昔、文明が生まれる前から踊られていた
と言われており、人の暮らしを表現するもの、
祈りを捧げるためのもの、自分を表現するもの、
歴史の伝承するためのものなど様々あります。

太古から人は踊り、世界中で様々なダンスが生まれ、
そして今も様々な地域や文化の中でダンスは息づいています。
「生命に内在する根源的な活動」ともいわれるダンスを通して、
人は何を感じて、人の意識にどんな影響をもたらすのか?
ムーブメントメディスン、アフリカンダンス、キューバンダンスを
やっている3名にお話しをお聞きしました。

「踊る、ダンスには人がよりよく生きることの知恵や力がある」
「思考が止み、身体が動きを導いていくと、自分とのつながり、
人とのつながり、コミュニティとのながり、自然や大いなるものなど、
あらゆるものとのつながりを経験する」
「自分という存在が祝福されているのだと、誰かが認めてくれるとか
誰かに言われるのではなく、自分が実感できる」
という言葉がとても印象的でした。

みなさんのより良い生き方、幸せな今と未来に
お役に立てたらと思っています。
どうぞご覧ください。

1on1を受けてみて率直な感想

ウエイクアップ・E&Iの岡本直子です。

ウエイクアップでは、希望する社員向けに
CEOの平田が1on1を実施しています。
今日は、その1on1の体験談と
感想を書いてみたいと思います。

 

まずは初回、一体どんな場なのだろう?
コーチングとはどう違うのかな?と
楽しみな気持ちで1on1を開始しました。

すると、まず始めに平田から
「1on1をどう使うかは、受け手側の自由です。
好きなようにこの時間を、僕を使ってくれたらと思うのだけど、
今日は何を話したいですか?」と。
「愚痴を聴いて欲しいでも良いし、業務上の具体的な相談でも良い、
コーチングが希望であればコーチングでも良いですよ。」とのこと。

続きを読む