Information〉Blog一覧へ

「個人」と「組織」の“Quality of Leadership®”が高まる

コーチングをベースにしたソリューション

ウエイクアップのアプローチは、個人と組織が本来もっている可能性を信じて
対話を重ねていくコーチングがベースになっています。 
「本当はどうしたいのか?」 
「自分(たち)が本来もっている可能性は何か?」 
といった本質的な問いと共に、個人や組織が自分たちで変革に向けての行動を起こし、
Quality of leadershipが高まることを支援します。

世界標準の3つのアプローチ

ウエイクアップは3つの智慧のシナジーによって、個人と組織のQuality of leadershipが高まることを支援します。 

コーアクティブ・コーチング®
CTIのコーアクティブ・コーチング、リーダーシップ・プログラムは世界で20か国以上、約65,000名に利用されています。
※コーアクティブ・コーチング®は株式会社ウエイクアップ CTIジャパンの登録商標です。
システムコーチング®
人間関係に対する最先端のアプローチ、システムコーチングは世界23か国、約7,500名に利用されています。
※システムコーチング®は、CRR Global Japan合同会社の登録商標です。
TLC (360°)
リーダーが周囲に与えているインパクトを自覚するためのツール、ザ・リーダーシップ・サークル(The Leadership Circle®)は世界で160か国、約10,600社、約63,000名に利用されています。
※LCP(リーダーシップ・サークル・プロファイル™)は、The Leadership Circle®によって開発・所有されています。

Case

導入事例

case
12
pick up!

成長の礎を築く若手層へのコーチング

本田技研工業株式会社
人事・コーポレートガバナンス本部 / 人事部 人事課 主任 松本信明 様
人事・コーポレートガバナンス本部 / 人事部 人事課 チーフ 河本智 様
ライフクリエーション事業本部 / 戦略企画部 人事・ブランド企画課 チーフ 永関円 様

未来を担う若手層にこそコーチングを身につけて欲しかった

コーチング研修は、マネジメント層や経営判断を任されているような役職に対して導入する企業が多くあります。ですが、本田技研工業株式会社(以下、ホンダ)の人事部では、人事・総務部門の人材育成として、まだ職位につかない「チーフ」という社内資格の若手層に対してコーチング研修を導入しました。部門をまたいであらゆる社員とコミュニケーションを取りながら、労働環境の整備をはじめ、会社のよりよい未来を創っていく人事部。その今後を担う「チーフ」にこそコーチングが必要だった、と松本信明さんは話します。その理由と、実際に受講したお二人の社員に、その感想と活用方法、今後の期待についてお話をうかがいました。
ホンダの人事部では、人事・総務部門を担う人材を育成する中でマネジメント層となる主任以降のキャリアに対しては研修が手厚く用意されているのですが、その手前のチーフにはあまり研修が行われていませんでした。ですが …
case
A380
人の在り方からリーダーの成長を加速させる

人の在り方からリーダーの成長を加速させる

全日本空輸株式会社
人財戦略室 人事部 担当部長 神田真也 様
人財戦略室 ANA 人財大学 マネジャー 小沢ちあき 様

case
08
ソニー株式会社 リーダーとして目覚めるエグゼクティブ・コーチング

ソニー株式会社 リーダーとして目覚めるエグゼクティブ・コーチング

ソニー株式会社 知的財産センター ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 グローバル知的財産部 ヴァイスプレジデント 鈴木 貴子様

case
06
未来のグリコを創造する次世代リーダーの心に火を灯す

未来のグリコを創造する次世代リーダーの心に火を灯す

江崎グリコ株式会社 グループ人事部 様

case
02
本音の対話が、『一丸風土』へ結実。事業を生み出すR&Dへ

本音の対話が、『一丸風土』へ結実。事業を生み出すR&Dへ

三井化学株式会社 様

Solution

ソリューション

About

会社概要

ウエイクアップのサイトに訪問いただきありがとうございます。
このサイトではウエイクアップがどのようなミッションをもって、何を目指しているのか、そして何をしている会社かをご紹介します。

ウエイクアップの成り立ちは2000年のCTIジャパンの設立がスタートになります。
榎本英剛がCTIのコーアクティブ・コーチング®コースを日本で開催したいという思いが始まりでした。

榎本のあとを引き継いだのが島村仗志です。島村が就任したときに抱いた思いは、CTIのコーアクティブ・リーダーシップ®・プログラムを日本で開催したいということでした。

» 続きを読む

株式会社ウエイクアップ
代表取締役社長 CEO 平田 淳二

慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科
前野 隆司 教授

推薦文

「幸福学」から見た人と組織のあるべき姿

私は、「すべての人に幸せになってほしい。すべての人は幸せになるべきだ」と考え、幸福学の研究を行っています。私たちが行った多変量解析研究によると、幸せな人の条件は、4つ。やってみよう因子(自己実現と成長)、ありがとう因子(つながりと感謝)、なんとかなる因子(前向きと楽観)、ありのままに因子(独立と自分らしさ)です。

» 続きを読む

Contact

お問い合わせ

まずは、ご相談ください。
この度は弊社ホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
弊社へのご相談、お問い合わせ、ご質問などはこちらから承ります。
どうぞお気軽にご連絡ください。
tel. 03-5436-1061 (受付時間10:00〜18:00)
※現在お電話での受付は承っておりません。
ページトップへ