近所でうわさに

ウエイクアップ・リーダーズ・マガジン、
Every Thursday担当の斎藤豊です。

さぁ、多くの方にとっては新年度です!

どんな一年にしますか?
去年とは何を変えますか?
今年やってみたいことは何ですか?

…と、友人に聞いてみたらしらーっとされました。

「そんなの会社の方針に従うだけだよ」と。

そ、そうなのでしょうか?

みなさんは聞かれたらどんな反応をしますか??

先日、近所の知人が相談に来ました。

続きを読む

コーチング用語の新しい解説

ウエイクアップの平田淳二です。

魁!男塾の民明書房と言えば、
私の世代でジャンプを読んでいた人なら、
ほとんどの方がわかると思いますが、
民明書房のように、難しい言葉や新出の単語を、
わかりやすく紹介してくれる存在が、
ここ最近脚光を浴びています。

最近テレビによく出ているクイズ王の伊沢さんは、
「ちなみに……」という言葉で、より深く解説してくれて、
勉強になることも多いです。

このような周辺情報の提供は、知識の習得には効果的で、
コーチングを教えている私としては、
より参加者の記憶に残り、なおかつ実践に応用できるように、
コーチングスキルがなぜあるのか、どのようなケースで有効なのかを
周辺情報の提供に加え、物語の要素を入れた形で
提供することを常に心がけています。

続きを読む

CAOウェビナー

ウエイクアップの平田淳二です。

ウエイクアップの法人対象コースをご案内する機会を
ご用意しました。今回はウエイクアップの法人対象
コースの中でも最もニーズが高い
Co-Active Approach for Organization(略称CAO カオ)
についてお昼のウェビナーでご紹介したいと思います。

https://semican.net/event/SC190305/tiyevg.html

コーアクティブ・コーチングを学んだり、
コーチングを知って、自社に取り入れてみたい
と思っても、どのように取り入れればいいかわからない。

CTIの基礎コースそのまま導入するのも何か違うような
気がすると言った相談を受けることがよくあります。

続きを読む

基礎応用コースだけでコーチング力アップ

ウエイクアップリーダーズマガジンの本当の編集長の
平田淳二です。

今までフリーで書かせてもらっていた月曜日ですが、
当面の間、コーチング上達コラムとして
書かせていただきます。

過去3回のコーチング上達へシリーズでは、
基礎・応用コースまでの方を、完全に
置いてけぼりにしたので、今回は特に
基礎・応用コースの方ができるコーチング上達へを
書いてみたいと思います。

ほとんどの人が上級コースでコーチングの概念が変わる
ぐらいコーチングが上達するのですが、私は
そのパターンとは結構違っていて、上級コースより
コアコース時代にかなりコーチングが上達した人でした。

続きを読む

「群盲象をなでる」~私は全体のほんの一部分しか知らない

ウエイクアップ組織変容コーチ川添香です。

先日、母が89歳の大往生を遂げました。
まだまだ長生きして、桜の季節とともに
4月の90歳の誕生日を迎えてほしかったな
と娘としては思うところです。
ちょっぴり残念な気持ちも抱えながら
このメルマガを書いています。

コロナ禍の葬儀とはいえ、地方ということもあり
たくさんの方に見送っていただきました。
普段なら帰省してもめったに会わないご近所さんや、
何十年ぶりの従姉妹たちにも会い、
母の思い出話に花が咲きます。

続きを読む

新編集長の斎藤豊です

ウエイクアップの斎藤豊です。
この春からウエイクアップ・リーダーズ・マガジンの
編集長に就任することになりました。

毎週木曜日担当から毎日担当に出世します。
改めてよろしくお願いいたします。

弊社は、
2000年からCTIジャパンとしてコーチ養成事業を始め、
現在ではウエイクアップとして、
人と組織に向き合ってきた約20年間でした。

満を持して、この春から新たな事業領域を広げていく
ことになりました。

続きを読む

自己実現を成し遂げた人の特徴 ~マズローの研究から~

こんにちは。
ウエイクアップの島村仗志です。

すっかり春、というよりは、季節外れの20℃超えの日々、
いかがお過ごしでしょうか。
今回もいつもどおり、気軽にお付き合いください。

前回のメルマガは「マズローをひっくり返す」
と題して、お届けしました。
https://wakeup-group.com/buzz/210317-2
その後、大きな反響は、特にありませんw
ですが、目には観えない何かが、シンクロしたようです。

あるきっかけで、たまたま入手した山口周さんの著書、
『武器になる哲学』(KADOKAWA)に、
マズローのことが取り上げられていました。

続きを読む

誰かが見てくれているという話

ウエイクアップの池田佐佳子(さよこ)です。

いつもはCTIのコーチングコースや
企業でのコーチングコースといった
様々なプログラムのリードをしています。

CTIのコーチングコースは、体験学習という
実践を通じて「わかる」から「できる」を
目指したプログラムなので、

コーチングのデモンストレーションや練習でも
ロールプレイではなく、リアルなテーマを、
クライアントさんには話してもらいコーチング
させてもらっています。

ですから、コースリーダーである私も
コーチングのデモンストレーションで
クライアント役になる際には、本当の話をして
コーチングしてもらっています。

先日、コーチングのデモンストレーションで
クライアント役をすることになりました。

続きを読む

プロセスコーチング上達へ

ウエイクアップの平田淳二です。

コーチング上達へシリーズを書くようになってから、
上級コース中、またはCPCCの方から
いろいろ感想をいただくようになりました。

その中でも、フルフィルメント、バランスを書いた
だけなのに、当たり前のように
プロセスコーチング上達へを楽しみにしている
というお声をいただきましたので、
その期待に答えて、さっそく書いてみようと思います。

おそらく今回も上級コースに行ってない方は、
置き去りになる内容になっています。

プロセスコーチングの実践においてよく起こることは、
クライアントが感情に入ることなく、説明をしてしまう
ことです。

続きを読む

意識の進化×ダンス ~アフリカンダンス~

宇宙視点からの意識の進化プロジェクトの伊藤貴子です。

毎月配信している「意識の進化×○○」動画は、
1月に配信した「意識の進化×ダンス」
でお話をしてくれた、ココアさん(佐藤綾子さん)に
アフリカンダンスを教えてもらいながら、
ミニ体験をさせていただきました。

私はダンスの経験がないので、アフリカンダンスを
見るのも踊るのも初めての経験でした。

アフリカオリジナル打楽器のリズムに合わせて、
かなり激しく踊ります。
その踊り一つ一つに意味があり、型がある
というアフリカンダンスですが、
四分の四拍子と八分の六拍子の二つのリズムが紡ぎ出す
独特なリズムと、初めてなのに身体はこのリズムを
どこか知っていたような不思議な感覚があります。

続きを読む