リーダーズマガジン

サラダには何をかけて食べますか?

ウエイクアップの斎藤豊です。

研修などで、積極的に質問する方がいますよね。
なぜ質問できるのだと思いますか?
(日本人は奥ゆかしいからできない、
などのメンタルを除いて)

質問しておいていきなりですが、話を変えます。

みなさん、サラダには何をかけて食べますか?

続きを読む

エグゼクティブ・コーチングのポイント

ウエイクアップの平田淳二です。

ウエイクアップの法人向けソリューションの一つに
エグゼクティブ・コーチングがあります。

しかし、コーチングは2人で行うため、
実際にエグゼクティブでコーチングを
受けている人以外は、どのような
コーチングをしているかがわかりません。

続きを読む

学ぶだけでは身につかないコーチング 

ウエイクアップの斎藤豊です。

先日、ある企業のお客さまから
相談がありました。

「人事部門として現場をさらに支援していきたい。
具体的にはコーチング的な関わりを
増やしていきたいので、そのためにまず
自分自身がコーチングを学ぶ必要がある
と思っています」

素晴らしい着眼点です!

コーチングはコミュニケーションなので
本を読んだり動画を見ても
体得できることには制限があります。

続きを読む

傾聴を仕事に活かす 

ウェイクアップの平田淳二です。

4月から火曜日、木曜日のメルマガは
ビジネスに活かすコーチングや
リーダーシップの内容になります。

ウエイクアップのコーポレートを担当する
新たな執筆者も登場しますので、
楽しみにしてください。

今回は 「傾聴を仕事に活かす」 です。

企業に行って、悩みや問題の相談をよく
聴きますが、その中でも、部下や
チームメンバーが考えていることが
わからないという話をよく聴きます。

そして、 続きを読む

新入社員研修とコーチング研修

ウエイクアップの平田淳二です。

会社員をやめて独立してから、4月と言えば、新入社員研修の講師という時代が何年か続いていました。同じようなスーツで緊張して、初々しい新入社員に対して、

「仕事とはどんなものなのか」

「仕事をする上で何が重要か」

などをグループワーク中心に教えていました。

時には、人が足りないからと、新入社員にマナーを教えることもあり、なかなかいい思い出が残っています。

私自身も新入社員のやる気や、生き生きとした様子を見ながら、エネルギーをもらっていたのが4月のイメージでした。

しかし、ここ数年は、若い社員に出会うことはなく、部長、課長層を中心にコーチング研修をする機会が増えて、新入社員研修で感じた初々しさとはほど遠い場所にいます。

ちょうど、先日も、数ヶ月前に行ったコーチング研修のフォローアップをする機会がありました。

メンバーも部長、課長層が中心で、すっかりと前回のコーチング研修は忘れている感じで、生き生きとした感じもなく、積極的な発言もなく、どちからかというと後ろ向きの発言の中でスタートしました。

~ 4時間後 ~

フォローアップの研修は大盛り上がりで、最後の感想の一言も、時間をオーバーするぐらいで、言葉が止まりませんでした。

なぜ、このようなことが起きたのかを話すと、この4時間の間、講師である私と相方の平川が握っていたのは、コーチングの正しいやり方や、概念を伝えることではなく、現場のコミュニケーションを良くして、仕事の成果があがることを一緒に考えていくというスタンスでした。

コーチングや1on1がいいと言っても、実際の現場にマッチしていなかったら、何の意味もありません。ですので現場第一主義で、現場の状況を聴いて、本音ベースで改善アイデアを話したり、コーチングの部分活用や、1on1活用を考えていったのです。

要は、フォローアップ研修自体を、前回の研修から今回の研修までの間の行動を振り返るグループコーチングをしている仕立てにしたのです。

研修もどれだけ自分ごととして参加できるかによって、研修の効果が変わってきます。

新入社員は研修に対する自分ごと感が強いので、ほとんどの場合は良い研修になりますが、それ以外の方の研修は、どれだけ参加者が自分ごととして研修を捉えてもらようにするかが、良い研修の鍵になります。

今の組織で働くことの幸せ、やりがい、充実感

ウエイクアップの平田淳二です。

別に読者の方に挑戦するわけではありませんが、今の組織で働くことに

幸せを感じていますか?

やりがいはどうですか?

充実感はありますか?

私たちは、企業に1on1やコーチングを教える会社というわけではなく、組織で働いている人が、幸せを感じる、やりがいを感じる、充実感を感じられることを、重要な柱として考えています。

そのため、コーチングのやり方を教えているだけではなく、常に、この組織の中でどのようにコーチングが活用できるのか、この組織が向かっていきたい方向は何だろうと問いを持ちながら、コースをリードしているのです。

そんな思いでコースリードをしていますが、企業でのワークショップの最終日に参加者全員の対話の中で、

「今回学んでいるコーチングって、皆さんにとって、どんな意味をもちそうですか」

と、かなり漠然とした質問を、20名近い参加者にしてみた経験がありました。

こういった漠然としつつ、なおかつ本質に近づく質問から、本音がでてくるのです。

今まで発言していなかった参加者から、

上司としての本音が

組織としての本音が

個人の思いが

溢れでてきて、1対1のコーチングを超えて、やりがいや、働きがいについても語られていくわけです。

そして、その思いから、コーチングをどのように活用しながら行動していくのかを話し合っていくようになりました。

私たちが意識していることは、どんな発言でもOK!本音の対話が本当の関係を創っていき、本音の対話から生まれた行動計画が、結果として仕事のやりがいや、充実感につながっていくと信じることです。

言い換えると、コーチングを教えながら、参加者全体をコーチングしていくのがCTIのコースの特徴です。

参加された経験がある人は、なんとなく、その感じがわかるのではないでしょうか?

私が10年に渡るCTIのコアコースのリードを卒業し、企業コース担当になることを決めたのも、企業での大きな変化を目の当たりにしたリード体験があったからでした。

WAKEUPのホームページに企業での事例が掲載されているので、ぜひご覧ください。

米津玄師とコーアクティブ・コーチング

3月のライオンの主題歌になった頃ぐらいから米津玄師さんにはまっていまして、今もアンナチュラルの主題歌「Lemon」を聴きながらメルマガを書いています。

米津玄師さんは、昨年の「打上花火」ぐらいから一気に人気が爆発したので、知っている人も多いと思います。

彼の歌は、メロディーも素晴らしいのですが、歌詞がいいのです。歌詞が心に染みます。

しかし、歌詞の深さは感じるけど、自分の理解力不足かもしれませんが、意味がよくわからない歌詞が多いんです。

今、聴いている「Lemon」も、なんとなくお別れの歌というのは、わかるんですが、場面設定とかは、よくわからないです。

また、代表曲の「アイネクライネ」にいたっては、場面設定や、意味が全くわかりません。

彼の歌の良さをうまく人に説明できない。でも、心に染みて、惹かれるんです。

まるで、CTIのコーアクティブ・コーチングみたいです。(笑)

私は、CTIの説明会をよく担当していますが、いまだに説明会で、このコーアクティブ・コーチングの価値を、完全には説明できている気がしません。

・あなたにとって、こんなメリットがあるんです。
・こういう使い方が仕事で役立ちます。
・こんな苦労が解消されます。
・国際コーチ連盟の資格の取り方 など

上記のようなことは、明確にお伝えできるのですが、コーアクティブ・コーチングの奥深さについてはしっかりと説明できていない気がします。

私がCTIの基礎コースを受講したのは2004年のことでした。

当時、コンサルタントをしていた私が、コーチングを学んだきっかけは、会社の先輩からのすすめと、仕事におけるコミュニケーション力向上でした。

CTIを選んだ理由は、しっかり学べば国際コーチ連盟の資格も取れること、と価格です。

その基礎コースでどんなことをしたのかというと、主には、
・傾聴のトレーニング
・コーチングのスキルのトレーニング
・協働関係の作り方
・コーチングの進め方
・コーチのあり方
などを、学びましたが、一番の驚きは、2.5日間しか学んでいない、初心者のコーチングでも、人の意識や行動に変化が起きることを体験したことでした。

「人の意識や行動の変化を起こすことの再現性をより高めて、どのような人にでもできるようになりたい」

と思ったのが、その後の応用コースを学ぼうと思った理由でした。

結局、上級コースまでいってCPCCのプロコーチ資格をとるぐらいで、「人の意識や行動の変化を起こすことの再現性をより高めて、どのような人にでもできるようになりたい」という最初に抱いていた思いが、実現に近づいた気がします。

しかし、本当にそんな思いで、コーチングを学んでいたのかと考えると、何か違う気がします。

それこそコーチングを学ぶ過程で生まれてきた「志」や「人生の目的」のようなものが、自分を突き動かしていた気がします。

だから、説明しにくいんです。

でも、良いものなので、米津玄師さんと同様にご紹介します。

3月30日~4月1日は年度が終わり、そして、新しい年度が始まる日です。

その日に、CTIの基礎コースを経験することは、新しいスタートが始まる最良の日かもしれません。

きっと、「コーチングスキル」と、言葉で説明しにくい「何か」を手にいれることができるはずです。
↓↓
http://wakeup-magazine.com/l/m/vG4gMO4fBk5Mpr

「ビジョナリーなリーダー」と「独善的なリーダー」の紙一重の差

とある仕事場でのお話。

同じような能力を持った二人のリーダー。同じようにチームが向かう方向を指し示し、力強く組織を引っ張っていこうとします。

一方のリーダーは、語るビジョンが部下にしっかりと伝わり、それに基づき部下自身もしっかりと考え、チーム一丸となって大きなパフォーマンスを発揮することができました。

もう一方のリーダーは、方向性を指し示し、力強く業務を推進しようとするものの

部下からは操作的で独善的なリーダーだと見られてしまいました。

また、別の場面にて。

同じような能力を持った二人のリーダー。
同じように、部下の成長を願い、良いチームワークの元で、部下の力の発揮を志向していきます。

結果として、一方のリーダーは、暖かくもメリハリのついた関わりの中で、安心してチャレンジができる環境を作り、

もう一方のリーダーは、なんとなく馴れ合いの「ぬるま湯」なチームを作ってしまいました。

この二つの場面。

同じようにチームの方向性を示し、同じようにチームワークを作ろうとするそれぞれのリーダー二人。

同じような行動をしていても部下への伝わり方が異なり、

チームとしてのパフォーマンス、リーダーシップの生産性は大きく異なってしまっていました。

————

さて、今お話ししたような景色、心当たりはありますでしょうか?

私たちすべての人の心には、ついつい反射的に押されてしまうスイッチのような「心のクセ」が存在しています。

無意識的にこれが押されてしまうと、私たちはいつの間にか平常心を失い、頑張っても空回りしてしまい、

よかれと思ってやっているのに停滞してしまう、という結果になってしまいます。

上のお話のように、同じ行動をしていても、リーダーの影響力とその結果が異なってくるのは、知らぬ間に押されている「心のクセ」が大きな原因となっています。

「心のクセ発見道場」では、ついつい私たちの生産性を下げてしまうこの「心のクセ」について

参加者の皆さんと一緒にステップバイステップで読み解いていきます。

皆さまのご参加をお待ちしています。

★心のクセ発見道場
2月22日(木)19時~21時30分
ご案内、お申込みはこちらから
↓↓
http://wakeup-magazine.com/l/m/M8ULG1quZr4TRf

7ステップ問題解消法

ウエイクアップの平田淳二です。

1月28日(月・祝)に「傾聴道場」と「問題と生産性の法則ワークショップ」を開催しました。

初の祝日開催で、多くの方に参加いただきました。本当にありがとうございました。

次回の問題と生産性の法則ワークショップは、2月8日(木)19時に開催されます。

また、今回、7ステップ問題解消法とはどんなものだろうと期待して参加された方が多かったのが印象的でした。
(よくわからず連れてこられたという方も多かったです 笑)

この7ステップ問題解消法は、どんなものなのか?
と思われた方は、こちらをぜひご覧ください。7ステップ問題解消法の効果を書いています。(お申込みもこちらです)
↓↓
http://wakeup-magazine.com/l/m/7ZfQVsGTxfxd3R

問題と生産性の法則ワークショップ参加者の声

IYさん
今回2回目の参加となり、前回の復習も兼ね、職場で直面する問題について、アプローチの仕方を学ぶことでした。
参加して、お互いに一切の先入観がない相手に対しては、Level2の傾聴により、話し手が自分で悩み、考えながら、自身の中で解決策を導き出すことを学びました。
また、簡単に思っていた他責することは、継続すると自責になりやすいので、無理にでも他責させる制限を設ける大切さを感じました。
初対面の参加者同士でも、すぐに打ち解けれる、とても良いワークショップと感じました。パートナー間で、年齢差があった方がより面白いかもしれません。

MCさん
チームの生産性があがるヒントが得られればと思っていました。
参加して、まずは一歩動いてみる(半強制的にでも)きっかけができました。率直な雰囲気で、参加しやすかったです。

ONさん
取引が減っていることに対して、しっかり確認を取っていないのに、漏れ聞こえる話から、対話することをあきらめて、待ちの姿勢になっていた。
参加して、こちらから、提案をして、通ったら、OK。もし通らなくても状況が変わるわけではないので、今後に向けて、提案をしてみるのは良いかと思いました。よりお互いが良い方向に向くための提案を。
始めてでも参加しやすく、自分と向き合える貴重な時間でした。

※このメールマガジンは、転送を歓迎致します。ご同僚やご友人など、興味をお持ちの方へ自由に転送してください。

経営×リーダーシップ

ウエイクアップの平田淳二です。

リーダーシップ・プログラムを私が受けたのは10年前です。

その学びは、今振り返ると、CTIジャパンの経営というところで、特に活用できていたと思います。

私は以前ウエイクアップの前身の株式会社CTIジャパン時代に、この後ご紹介する動画に登場する山田博とともにCTIジャパンを経営をしていました。

経営をする上で、リーダーシップ・プログラムが役立ったことは、自分達が経営をしていることによって、起こしている影響度を知ることができ、そしてその影響を自在に変化させる方法を学んだことでした。

実例を紹介します。

新しいコーチング・プログラムを導入した時でした、新しいプログラムを導入するとなると、関係者や、今までの受講者に大きなインパクトをもたらします。

もともと、自分達が思い描いているものとしては、受講生の学びが深まり、より実践に活用できることを意図していました。

しかし、その導入時に、もともと意図していない影響が起きました。

それは、新しいコーチングツールが、説明ではよくわからない、どうやって使えばいいのかがわからない。という不満の声でした。

もともと起こしたい影響と違う結果が出てしまったのです。

しかし、「想定と違うことは、当たり前のように起こるもの」

ということをリーダーシップ・プログラムで学んでいたので、次の対応を焦らずに、リカバリー案を考え、行動することができたのです。

実際には、受講生(卒業生)向けに、新しいコーチングツールを使ったワークショップを各地で何度も開催したり、説明を言葉だけではなく、動画や音声ファイルで配信したりしました。

こういった対応は過去のCTIジャパンでは行ったことがないことでした。

また、企業においては、今の業務があまりうまくいっていないので、新しい仕組みやシステムの導入を考えたりするケースがあると思います。

しかし、自分がそれを提案すると、
言い出しっぺが一番大変になるかも、、
今の通常業務が大変なのに、新しいプロジェクトができるのか、、、
もしかすると、結構費用がかかるかもしれない、、

など、そういった自分を止める声が出てくるとします。

こういったケースでは、あなたならどうしますか?

その答えは簡単に出さないでください。

流行語を使うと「トランキーロ」です。

ぜひ、このリーダーシップ・プログラムのビデオをみてから考えてみてください。

ここに答えのヒントがあると思います。
↓↓
全体像:http://wakeup-magazine.com/l/m/oljB3ylfBRIBrQ
R1:http://wakeup-magazine.com/l/m/Dw3fKFQXZscbhM
R2:https://youtu.be/4BxPEgtZDUg
R3:https://youtu.be/-r_kzj2Xlqc
R4:https://youtu.be/zssWLfWqWEg

更に、リーダーシップ・プログラムを詳しく知りたい方は、ぜひ、説明会へお越しください。

あなたの仕事を、本質的に変化させるものがそこにあります。

2/1(木)19:00~21:00 @Zoom(簡単なビデオ会議システム)
※申し込み頂いたらzoomについてご案内いたします。

2/8(木)19:00~21:30 @大崎

説明会のお申し込み:https://ssl.formman.com/t/Pwdt/

お問い合わせは、03-5436-1062 まで。