リーダーズマガジン

サザンの無観客ライブに思う

ウエイクアップ法人担当の斎藤豊です。

先週、サザンオールスターズの無観客ライブがありました。
僕も自宅から観ることにしました。

無観客なのに、わざわざ横浜アリーナです。
そして無観客とは思えないセット、照明、映像。
全て本気です。

無観客だからこそできる、
客席で広く間隔を空けてのダンスや
聖火台を会場中央に置くなどの工夫もされていました。

素晴らしいの一言です。
2時間ちょっとのライブはあっという間で、
非常に満足感の高いものでした。
今後は会場でのライブと中継がセットになる予感です。

続きを読む

新しい年上の部下への対応

ウエイクアップの平田淳二です。

かなり前の話ですが、
KPMGでコンサルタントをしていた時に、
あるプロジェクトを任せられました。

そのプロジェクトでは、薬剤師の資格が
必要なため、新たに薬剤師の資格を持つ、
40以上年齢が離れているメンバーが
入ることになりました。

私はそのチームのリーダーとして、
チームをまとめていたのですが、
どうしてもその新たなメンバーと折りが
合わなかったのです。

続きを読む

ビジネスパーソンが聞かれたくない(かもしれない)3つの質問

ウエイクアップ法人担当の斎藤豊です。

友人とオンライン勉強会を始めました。
数人の方が集まり、全員会社に勤めている方々でした。

勉強会そのものに入る前にお互いを知り
なんのために勉強するのか、
どう役立てたいかを共有するために、
3つの問いをお渡しし、一度話すことにしました。

すると様々な反応が…。

Aさん「ワクワクしますね♪」
Bさん「ずっと逃げていた問いに向き合うときが来ました…」
Cさん「考えたこともありません」

続きを読む

コーチング的 好奇心とは

ウエイクアップの池田佐佳子(さよこ)です。

CTIのコーチングコースや企業での
コーチングコースといったプログラムのリードでは、
起きていることすべてに好奇心全開ですが、
巷で大流行の鬼の漫画には
少しも好奇心が持てないアラフィフです。

コーチング研修や企業コースのリードをしていると、

「部下に好奇心が持てないのですが……」

と聞かれることがよくあります。

その時いつも私は、
それはごもっともです、と思っています。

続きを読む

テレビ会議は一方通行!?

ウエイクアップ法人担当の斎藤豊です。

こんな記事がありました。

「在宅に向くとされるコンサルタントに
実感を聞いてみた。
(中略)
課題を与え、解決を指導するだけなら
十分に成り立つ。
ただテレビ会議は一方通行になりがちで、
相手の『気づき』を待てない。」
(2020年6月13日 日本経済新聞)

オンライン会議では一方通行になりがちで
アイデアを重ねるような対話は難しい
という話も聞いたことがあります。

続きを読む

今、必要なOS

ウエイクアップの平田淳二です。

オンラインの企業版の2日間の
CTIのコーチングプログラムのCAOが
先週実施されました。

また、今週末にはCTIの公開コースのオンライン、
来月にはオンラインでの
forマネジメントコースが開催されます。

続きを読む

会話と対話

ウエイクアップ、法人担当の斎藤豊です。

「対話」という言葉は、
ビジネスシーンではあまり使わない
かもしれません。
一方で「会話」はよく使いますね。

会話と対話は何が違うのでしょう。
続きを読む

アナ雪2のすゝめ

ウエイクアップの池田佐佳子(さよこ)です。

いつもはCTIのコーチングコースや
企業コースといったプログラムのリードで、
新しいことに挑戦する人を応援していますが
プライベートでは気に入った映画を
何度も観るタイプの人間です。

昨年末 世界中で大ヒットした映画
「アナと雪の女王2」のDVDが
発売されたということで、
早速購入し、自宅で鑑賞しました。

この映画を映画館で初めて観た時、
「CTI(*1)が制作に絡んでいるんじゃないか!?」
と思わずにはいられないほど、アナ雪2は
Co-Activeリーダーシップ®(*2)に
あふれた物語に思えました。

続きを読む

今月の働き方、要注意です

ウエイクアップの斎藤豊です。

全国で緊急事態宣言が解除されて
最初の週を迎えています。

今週、すでに会社に出社した方も
多いのではないかと思います。
出社すること自体、悪いことではない
と思うのですが、
未曾有の経験をした私たちは今、
新しい習慣を築こうとしています。

この習慣、大事に大事に築きましょう。

なぜなら、 続きを読む

オンラインの法人向けコーチングプログラム

ウエイクアップの平田淳二です。

CTIでは、オンラインでのCAO
(法人向けCo−Activeコーチングコース 2days)
のテスト中で、試行錯誤しながらも
実施の手応えを得始めているところです。

CAOプログラムは数年かけて完成度を
高めていて、現在では対面ではどんな
状況の法人様にも対応できるように
プログラムの改善、コーチの品質強化を
してきました。
続きを読む