ウエイクアップの人々

英語小説の愉しみ

ウエイクアップの山田希です。

最近髪を切りに行ったついでに
久々に洋書屋に寄り、本を買ってきました。

選んだのはアーサー・コナン・ドイル著の
シャーロック・ホームズ第1巻
「緋色の研究」です。

大昔に日本語版を読んで以来、
懐かしさもありましたが、何より
薄かったというのが一番大きな理由です
(厚さ0.5cm未満)。

もともと本が好きだということも相まって、
いつの時点からか、英語の学習をする際に
小説を読むようになりました。

続きを読む

斎藤豊のモチベーション

ウエイクアップ・リーダーズ・マガジン、
毎週木曜担当の斎藤豊です。

あるお客さまと打合せをしていて、
不意に質問を頂きました。
「斎藤さんのモチベーションってなんですか?」

その方とは長いご縁で、
美味しいものを食べ歩いたり、
打合せついでに会議室でケーキをワイワイ食べたり、
一緒に稲刈りに行って汗を流したりと、
お客さまではあるものの、もはやお友だちです。

なので、冒頭で便宜上「打合せ」と書きましたが、実際は雑談。

雑談、大事ですよね。

続きを読む

これから蝶になる ~退任のご挨拶~

こんにちは
ウエイクアップの島村仗志です。

先週の豪雨で被害や影響を受けられた方々に、
心からお見舞い申し上げます。

今日、7月7日は、CTIジャパンの21回目の誕生日です。
この記念すべき日のメルマガは、私からのご報告の機会とさせてください。

本年9月末をもって、株式会社ウエイクアップの
代表取締役社長を退任します。
2004年4月からの17年間余り、たくさんの方々に
力不足の私を支えていただきました。
この場をお借りして、心からの御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

続きを読む

ウエイクアップ社長のCo-Active

ウエイクアップの平田淳二です。

7月7日はCTIジャパンの創立記念日です。
7月7日は本メルマガにて株式会社ウエイクアップ社長の
島村より21周年の挨拶をさせていただきますので
ぜひご覧ください。

島村の名前を出したので、今日は少し島村との出会いの
話を書きたいと思います。

私がCTIジャパンにファカルティとして参画したのが、
2008年12月ですが、ファカルティになるまでに
さまざまな選考がありました。

続きを読む

身体知プロジェクト

ウエイクアップの伊藤貴子です。

今年の4月から「身体知プロジェクト」を始めました。

「身体知」をご存知の方もいると思いますが、
慶應義塾大学環境情報学部教授・諏訪正樹氏は、
以下のように述べられています。

「身体知とは,身体に根ざした知,より広義にいうならば,身体と心と社会のすべてに根ざして存立する知を指す」

「知は物理的な存在である身体にどう根ざして形成されるのか? 心とどう結び付いているのか? 社会や生活の文脈にどう影響を受けるのか?」

「ある知が形成されると,身体の処し方,心の在り方,社会や生活も変容する.つまり,知は身体や心や社会に根ざすと同時に,それらを進化させる.」

「人工知能」Vol.32 No.2 『身体知という研究領域』
(一般社団法人 人工知能学会 2017年発行)より
続きを読む

何かに没頭する時間を作る

ウエイクアップ・リーダーズ・マガジン、
毎週木曜担当の斎藤豊です。

定期的に、アジを釣りに行っています。

刺身、フライ、なめろう、干物、冷や汁など
いろんな料理にできて、美味しいですよね。

船に乗り込み、ポイントまで移動し、釣りを始めます。
ふと気がつくと、数時間経っています。
そして、終わりの時間が来たことを告げられます。

その間、
仕掛けを投げ入れたり、
絡まってしまったラインをほどいたり、
釣り上げた魚をバケツに入れたりしていますが、
没頭しているので時間の間隔が無くなります。

続きを読む

散歩ができない

ウエイクアップの山田希です。
この度月1回、メルマガを担当することになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

在宅勤務となってから1年が経ちました。
私はスギ・ヒノキの花粉症。
毎年2月半ばからGW直前まで、通勤が
苦痛でならなかったのですが、昨年より
大幅に症状が軽減されました。

この時期が億劫でならなかった私は、
このまま一生在宅勤務でもいい、と
心から思いました。

とはいえ、人間は喉元過ぎれば熱さを忘れます。
花粉症が終わったらやはり外に出たくもなります。
運動不足も気になります。
定期的に通っている整体の先生に散歩でもするといいよ、
と言われ、早速実践してみることにしました。が…

続きを読む

今ここで、既に最高

こんにちは。
ウエイクアップの島村仗志です。

自分のことながら、あまりにも個人的なことなので
具体的に語れませんが、ちょっと不思議なことが続いています。
これまでの人生で体験してきた断片的な
(と、少なくともこれまでは感じていた)
出来事やご縁が、1つの物語として繋がってきたのです。

この感じ、以前から「原因は未来にある」
という視点を(特に苦しいときに)
選択してきたこともあり、全く新しい、
という感覚ではないのですが、それでも、

「ああ~、あのご縁や、あの出来事(が起きた意味)は、
こういうことだったのね。」

と、長編ミステリーの謎が解けていくというか、
長い年月に及ぶ壮大なドラマにおける
数々の伏線が見事に回収されていく、
そんな感覚や体験が、連続して起きているのです。

続きを読む

期待を伝える怖さの話

ウエイクアップの池田佐佳子(さよこ)です。

いつもはCTIのコーチングコースや
企業でのコーチングコースといった
様々なプログラムのリードをしています。

毎月開催しているウエイクアップのウェビナーに
「目標設定のための1on1」というものがありますが、
お陰様で満席続きで高評価を頂いております。

そこで見せるデモンストレーションに、
私がリアルなクライアントとして登壇します。
(上司役はCEOの平田です)

本当に事前の打合せがほぼ無い状態で臨むので、
自分自身が設定した目標を言葉にした時どう思われるか
正直不安が無いと言ったら嘘になります。

続きを読む

散歩中のリーダーシップ

こんにちは。
CTIのリーダーシッププログラム担当
ファカルティの直井英樹(ヒデキ)です。

ファカルティになって即コロナでプログラムが止まり、
コースリードする機会なく1年半経った五月初旬、
緊急メールが入りました。

「誰か手をあげて!明日開始のオンラインコースの
リーダー1人(CTIは必ず2人でリードします)が
来れなくなった」と。

私のカレンダーはガラ空き、開始まで24時間あり
時差に体を合わせるには十分、
相方リーダーは信頼する友達。これはやらない手はない!
ただ準備は間に合わずぶっつけ本番状態です。
こんなとき私はカミさんに訊きます。

続きを読む